文章能力が高い人がメール内容を考える

配信したメールを読んでもらうには?

メール配信の内容は、イベントやキャンペーンのお知らせ、商品やサービスの情報やアンケートなど様々なコンテンツを扱えます。ユーザーが自発的にアドレスを登録して配信されるものですが、開封されないままだったり読まれていなかったりするケースがあります。メールが届いたら開封し読んでもらうためには、配信する数やタイミングがポイントです。「週に何度も配信する」「真夜中や早朝に配信する」などが開封率を低くする理由とされています。まずは、ユーザーに合わせたタイミングを計ることが大事です。そして、開封されても中身がつまらなければ読んでもらえません。つまり、配信したメールを読んでもらうには配信のタイミングと、内容が質の高い文章であることが求められます。

メールの目的を明確にする

メールの内容は、どんなユーザーに何を伝えたいのかを明確にしておくことが大事です。ユーザー目線で興味を引くような内容をわかりやすく文章にしましょう。改行がなく空白が少ない文章は、いくら良い文章でも読みにくいのでレイアウトも気を使いたいポイントです。
読んでもらえるメールは、書き手のスキルも大きく影響します。書き手が語彙力があり文章能力が高ければ、同じ商品の案内でも違った雰囲気を出せるものです。メールの内容は商品やサービスを理解している文章能力が高い人にお願いすると良いでしょう。また、内容もお知らせから商品の情報、アンケートなどを一度に配信してもよいですが、中身が多すぎるとかえって何も伝わらないことがあります。ユーザーが得たい情報に的を絞って配信することを心がけたいですね。

メール配信サービスを行う時には、多くの人から高い評価をもらう事が必要です。そこで、安全なメール配信にする必要があり、さらに質の高さも重要です。これから、どのようにしていけば評判が高いメール配信サービスになるのかお話します。