メール内のウイルス対策を行う

受信したメール内に潜むウイルス

ネットが広く普及したことで、企業からの広告や友人間とのやり取りも、手紙や電話ではなくメールなどのネットツールを利用したものが主流となっています。その影響からか、ネットウイルスをメールに潜ませ、送りつけるというメールを使った犯罪も増えているのです。件名などから、文章がおかしく、違和感を感じる場合には、ウイルスを含んだ迷惑メールではないかと警戒することができます。しかし、普段からお知らせが来る企業や、友人を名乗った相手からのメールの場合、怪しいと感じる前にメールを開き、そのまま添付ファイルなども一緒に受信してしまう人もいるのではないでしょうか。そのような事態を防ぐために、普段から意識し、警戒する必要があります。

怪しいメールを見極める

先程述べた通り、メールの件名や本文が明らかにおかしい場合などを除き、ウイルスを含んでいるメールなのか判断することは容易ではありません。そこで注意したいのが添付ファイルです。企業からのメールマガジンでファイルが添付されていることは、あまりありません。メールの本文で事足りるからです。友人間とのやり取りも同じではないでしょうか。そのため、ファイルが添付されている場合は、怪しいメールかもしれないと考える必要があります。メール本文に記載があるURLも同じように注意をしましょう。メールを注意することに加えて、パソコンやスマートフォンにウイルス対策のソフトを入れておいたり、こまめにバージョンアップを行うなどして、対策を行ってください。

メール配信サービスを行う時には、多くの人から高い評価をもらう事が必要です。そこで、安全なメール配信にする必要があり、さらに質の高さも重要です。これから、どのようにしていけば評判が高いメール配信サービスになるのかお話します。