不利益になるような情報を提供しない

メール配信をするなら内容をじっくり検討しましょう

登録してもらうだけで情報を提供できるようになるメール配信は、双方にとってメリットがあります。配信者は簡単に情報を届けられますし、登録者は自動的に興味のある情報が載っているメールが届くため、便利なサービスです。ただ、メール配信をするなら情報の内容をじっくりと検討する必要があります。ビジネスチャンスに繋げるためには、新サービスや新製品の情報だったり、安売りの情報だったりなどを積極的に掲載したいでしょう。しかし、登録者の年齢に合っていない情報や曖昧な情報などは、安全性に欠けるので配信するのはリスクが高いです。また、内容だけではなく、年齢や性別、職業など対象とする登録者をはっきりと決めることも大切です。

登録者の利益になるような情報を届ける

メール配信をする場合は、登録者の利益になるような情報を届けるようにしましょう。たとえば、情報を知ったことで人生が豊かになったり、日々の生活が充実したりなどを意識すると良いです。登録者の利益になる情報をたくさん届けることによって、信頼度や知名度だけではなく、売上もアップします。もちろん、登録者は多くなるので、良い循環の中で規模を拡大させられます。利益になる情報かどうかの見極めは簡単ではないですし、時には失敗することはあるでしょう。しかし、メール配信を行った後の反響によって、登録者が求めている情報の内容を判断しやすくなります。ですから、メール配信を行って満足するのではなく、その後の反響を分析することが大事です。

メール配信API機能で異なるシステム同士をつなぎます。例えば顧客情報や会員情報をメール配信サービス会社に同期すると読者登録や情報更新が自動的に行われます。

メール配信サービスを行う時には、多くの人から高い評価をもらう事が必要です。そこで、安全なメール配信にする必要があり、さらに質の高さも重要です。これから、どのようにしていけば評判が高いメール配信サービスになるのかお話します。