見た人が得をするようなメール内容にする

読んでもらえるメール配信になるには

メール配信で一番大事であるのは「読んでもらえるかどうか」です。そのためには読み手の興味を惹きつける件名を書く必要があります。例えば「本日開始!メルマガ会員限定セール」といった件名であったらどうでしょう。この件名の場合では、本日限定セールといった情報の新鮮さとメルマガ会員という限定性によって買いたいものがなくても読者をとりあえずメールを開いてみようという気にさせることができると思います。 このように読者にとってメールを開く動機というのを件名によって生み出すのが、メールを読んでもらうためにはとても大事になってきます。メールの開封率が低い場合は、まずは件名をメールを開きたくなるようなものに変えるのが効果的であると思います。

読みやすい形式にするには

メールは長ければいいものではないです。今やソーシャルネットワークサービスの発達によってメールを利用する人の数が減っていることもあり、仕事で利用している人以外は長ければ長いほど読み進めるのに躊躇してしまいます。とはいえ結論だけを並べるメールでは、業務連絡となってしまい味気ないものになってしまいます。なので、読者の知りたいことや得になるような内容をなるべく短い文で伝えることを心がけるのがいいでしょう。 また、文の書き方にも気を配る必要があります。毎回同じ形式で、感情のない文章で書かれていても読者は続けて購読したくなくなるものです。書き手の顔が見えるような感情の入ったものや一方的な情報発信とならないように対話型を取り入れて、読者を意識しながら書いてみるのが良いと思います。

メール配信のサービスには無料と有料があります。機能やサービスに大きな差があるので、趣味やビジネスそれぞれ活用する範囲で選択する必要があります。

メール配信サービスを行う時には、多くの人から高い評価をもらう事が必要です。そこで、安全なメール配信にする必要があり、さらに質の高さも重要です。これから、どのようにしていけば評判が高いメール配信サービスになるのかお話します。